.

週刊誌の広告、ゴシップ新聞、繁華街に見られるビラや郵便広告などで、「多重負債の整理整頓任せなさい」「多重借金をまとめたいですよね」という内容の惹句を閲覧することがありますよね。アーセナル

これらは、「片付け屋」「買取専門人」「紹介者」と呼ばれている悪徳企業の宣伝のときがあるということなのです。

そういったものを申し込んだケースでは自己破産申し立ての中で一番大切な免責決定を受けられないリスクがあります。

「整理屋」の場合は宣伝などで負債者をおびきよせ、高額のサービス料を出させて整理をやりますが、現実には借金整理は行われないまま、債務人はさらに負債スパイラルに陥ってしまう失敗が9割方と思われます。

「買取人」では、負債人の借金で、デジタル用品、チケットを多量に購入させて、債務者からそういった品々を販売額の1割や半分で買い上げるという手段を使っています。

負債者は瞬間的には金が増えますがいずれカード企業経由で購入品の催促がきて、結局のところ債務を上乗せする結果になります。

この場合、カード業者相手の詐欺に当たるとされてしまい免責が手に入れられなくなります。

「つなぎ業者」とは、名の知れたサラリーマン金融から貸してもらえなくなった債務人へ業者としては資金提供は一切せずに、資金提供をしてもらえる違う同業者を知らせて、高額な料金を請求するグループです。

紹介業者は自分のつなぎで資金提供してもらえたというように話しますが、実際は何もしないで、シンプルに調査のゆるめの店を把握しているというだけなのです。

このケースだと現実には負債を増加させる結果となります。

    Link Contents

Copyright (c) 2000 www.hiloz.net All Rights Reserved.