.

外国為替平衡操作(為替介入)というものを耳にした事がありますか?日本銀行が外国為替平衡操作(為替介入)をして新聞記事、報道番組、グーグルの情報で見られたみなさんもたくさんいると思います。

そもそも為替への介入は日本では、◯財務大臣が円の相場の安定性を保つように用いる方策と評価されています。

簡単に言うと、激しい円高・円安が発生すると財務大臣の指示が出ると中央銀行(日本銀行)円の取引をして為替相場の安定性を狙うことを言います。

為替介入(外国為替市場介入)とは方法が何通りかあります。

1.単独介入・・・政府もしくは日本銀行が東京での市場で市場に参入してきて外国為替平衡操作(為替介入)をする。

2.協調介入・・・いくつもの銀行などが話し合ったうえ、各々の銀行などが資産を使って一斉にまたは続けて為替介入を行なっていく。

3.委託介入・・・海外の銀行などに向けて介入の実施を委ねる。

4.逆委託介入・・・中央銀行(日本銀行)が他国の通貨当局の代わりに為替介入(外国為替市場介入)を行なう。

このようにやり方です。

いずれのやり方の介入も短期に、または継続して為替の市場にたくさんの影響力を与えると思います。

介入の金額は当たり前のことですが国家の面子をかけているだけに桁外れです。

円を例に例えると、通常は数銭単位で変化する円相場が不意に数円単位の変化をするのです。

個人投資家の人ならこれまでに体験したと思いますがそれまでは見込み通り含み益(あるいは含み損)が多くなっている持ち高を保持していたのに、保持しているポジションが決済したとの内容の情報がFX業者からメールが届き・・・いくら利益が出たのかな(損したのかな)?と思いつつ決済された情報を確認すると、自分で想像していた結果とは正反対の事でありびっくりしてしまうとの例がよくありました。

為替介入(外国為替市場介入)が実施された時に多く聞いた話なのです。

このように外国為替平衡操作(為替介入)を施行すると、市場の動きとまったく逆の動きをします。

なおかつ変化する金の幅は非常に大幅に変動しますので用心が必要です。

    Link Contents

Copyright (c) 2000 www.hiloz.net All Rights Reserved.