.

FX(外国為替証拠金取引)についての良いところは、単品の金融商品あるはずが、お金を掛ける期間を短・中・長の中でどれを選ぶのかということで、出資の方法が違ってくるという点にあるのです。初めに外国の貨幣へ投資の「長期スタンス」について見てみましょう。長期投資は、一年以上の出資を基本にしているのが普通です。まず為替相場においては一年も先の為替のレートが円高か、もしくは円安だろうかを連想するなんていうことは普通は苦難です。ほとんどの場合、「それほど後々の動向は予言できない」となるのが普通かと思います。予測もできないことをなんとか予言しようにも無理なことなのです。したがって他国の貨幣を買い、そのタイミングでの価格よりも円高傾向になったとしてもしばらく経てば元に戻るだろうという程度の気持ちでやり取りに臨むのが良いと思います。差益を懸命に求めるだけでなくそれ以外の儲け言い換えればスワップ金利(異なる通貨間の金利格差)で収益を上げるのを、初めのゴールにして投資しましょう。当然のことながら、ちょっとの期間で為替差損に損失がかなりなってしまうこともあります。そんな訳で、そのような差損にも大丈夫なようレバレッジを少しにトレードするのが大切です。外国為替証拠金取引(FX)は、差損がある範囲よりも大きく更に広がると、追い証(追加保証金)が出て来たりあるいは損切りになったりします。損切りを置いたら即やり取りを終了する必要があり長期の投資はダメになります。この種のリスクを抑えるためにはレバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)を2?3倍あたりでやり取りするのが良いでしょう。次は中期の場合のやり取りを説明します。中期の投資のケースは最長でも2ヶ月ほど後を見越しての売り買いになります。為替の売買のケースでは、約1ヶ月後のことは、おおよそ、推測可能でしょう。G7(先進7カ国蔵相・中央銀行総裁会議)等の国同士の会議の内容や為替の市場で取引している人たちがどのようなことに着目しているかを確認すれば、だいたい先読みできるでしょう。このようなファンダメンタルズをチェックしながらなおグラフを見ることによって、為替レートの状態を把握できるようになりトレードを決めるのがいいと思います。基本的に経済の状態とテクニカルのどちらでも光り、もしくはどちらも買い傾向が一致していればほとんどの場合その様に動くと思って問題ありません。そうしたら保有高を増やしておけばより一層大きな利益を狙っていけると思います。3つ目に短期トレードの重要点。この短期スタンスは、言わばデイトレードを示しています。為替相場でデイトレードをする際は、経済の状態はまるっきり絡んでいないと断言します。なぜならあくる日のレートの動向に、経済の状態は反映されないからです。この時コツは目立った行事があるとそれによって為替の相場が著しく変化するタイミングを見過ごさないよう取引することです。たとえばアメリカ合衆国で雇用統計が公布される、または金融政策等によって制作金利が変わるほどの行事。こういう一瞬の変わり様を逃してはいけないといった意味合いから、短期のスタンスでは多種のデータが必要となる。

Copyright (c) 2000 www.hiloz.net All Rights Reserved.