.

現実にPCのディスプレイの前に座り、絶えず変動している為替相場を見ていると直ちにエントリーをするという衝動に煽られる人も多いです。フリーエンジニア 求人

でも、なんとなく感覚で売り買いをするのだけは、断じてしてはいけません。

確かに、相場は年中、休みなく為替市場はオープンしているし為替レートもどういう時でも、動いています。

しかし、何度も取引を重ねていると、その分だけ損失が生じる率が高くなります。

当然、トレードの数を増やすことによって、次第に儲けられる可能性が50%、50%になります。

しかしこれは「明確でない感覚で取引」することとは別の話だ。

取引回数を積む意味というのは自分で「ここがチャンス」と思える勝算を得た状態での取引回数を増やすという事を意味します。

ただ何となく、連続してトレードを繰り返すのとは大きく違います。

マーケットの駆け引きにi挑むには、あなたが主体的にけじめをつけることが大切です。

「ここはいける」と感じた相場の時には思い切って所有ポジションを積み増して徹底的に利益を追求する。

「ちょっと分かりにくい外国為替相場でどう上げ下げするのか考え付かないな」と感じた時は、潔く諦めて所有ポジションをひとつ残らずクローズして静観します。

これくらいのけじめをつけた方が、結果的には取引は儲けられます。

外国為替市場の名言には「休むも相場」という言葉があります。

本当にその通りです。

相場とは、休みなくポジションを保有する事が全部ではなく売買ポジションを持たずに静観していることも場合によっては相場なのである。

では、どういった時に、休むといいのでしょうか。

最初に言われるのが前述したように、今の為替相場がはっきりと難しいときです。

今からどちらにいくのかわからないような時は、分からないまま行動すると、作ったストーリーとは逆方向に市場が動いてしまい、損をする事になります。

だから、こんな時はポジションを減らしてそのまま静観しているのが最良の方法です。

もうひとつの場面は、己のコンディションがあまりよくない時です。

コンディションと外国為替市場に関係ないと思う投資家もいるだろうが。

実際には思ったより関係あります。

コンディションがあまりよくなければ相場のミスできない場面で落ち着いた判断が難しくなります。

気分が進まない時は外国為替相場から離れる事も大切な事です。

    Link Contents

Copyright (c) 2000 www.hiloz.net All Rights Reserved.