.

とうとうエントリーする時という状況では一番に事前調査を手抜きしてはいけません。売買を行う前であったならば出来事を冷静に見つめる事ができる余裕があります。ところが、ただ一度取引の内部へ立ち入ってしまうと、どうしても物の見方が主観的になる場合があり肝心な時に適切な判断が出来なくなるリスクを負います。その分自分のメンタルが論理的な時に、正しく事前準備が必要です。”事前準備”とは、最初は己のストーリー展開を描くことから手をつけます。今からのこの通貨はこうだから円をエントリーするというような、あなただけのストーリー展開を考えていきます。次に大切なのはチャートをチェックしましょう。これまでの相場の上下動を見極めて、現在の相場をチェックします。すると、「現在はなかなか高すぎる状況にある」そうでなければ「もう多数の人々がエントリーしているから今さら自分が買い(または売り)しても今はもう遅すぎるな」ということが理解できます。言うまでも無くすでに買い(または売り)するのが手遅れだなと感じたならば、手を出さないで、その状況では諦めることが大事です。どう工夫してもあなたなりのストーリー展開を押し通そうとして割り切らずに売買すると外国為替市場にやられてしまい逆に損害を受けることになる可能性があります。そうは言ってもかなりのケースで、準備が出来ている自分なりの物語を書いていくと買い(または売り)が遅すぎるというケースにはなることはありません。大方、実際に為替相場が動意づく前のはずだから。続いては、当面は自らが売り買いしようと決めているポジションの上下の動きをきちっと点検する事が必要です。もしも、円安になるだろうというシナリオを記したのであれば、ドルの上下動に注目しておきます。市場の推移をチェックし始めたときでは、ドル円は明確に上下動する気配を見せることなく細かい上げ下げをしているだけでしょう。だが、その上げ下げをじっと調べているとある状況で着実に円安へと外国為替市場が動き始めてくる。このチャンスでようやく、ドル買いのエントリーします。通常は、これだけ十分に事前準備を考えておけばそのトレードで勝てる率は高まります。

Copyright (c) 2000 www.hiloz.net All Rights Reserved.